トップ 採用ご担当者の方 ログイン 新規登録
トップ
採用ご担当者の方
ログイン
新規登録

ビジネス用語/社内用語10選

ビジネスの場でよく使われる用語や特徴的な社内用語をご紹介!

本記事では

就活に役立つ 「 ビジネス用語/社内用語10選 」 のうち3つご紹介します。
Smartthonに登録をすると、残りの7枚のカードがチェックできます!
また、毎週異なるテーマの就活に役立つカードを配信しています。
今すぐ登録しよう!
  • ビジネス用語/社内用語10選【リクルートの社内用語】

    教育

    ビジネス用語/社内用語10選を特集中!


    本カードでは「リクルートの社内用語」をご紹介します。

    「リクルート用語」

    リクルート用語とは、リクルートグループ社内で当たり前のように使われている独特な社内用語のことです。


    リクルートグループは他の企業ではなかなかみられない独自の文化を持つ企業として知られており、

    フィジビリ

    これは英語で言うところの「フィジビリティ(実験的な・応用的な)」という意味合いを示す言葉・用語です。


    新規事業や施策の立ち上げ段階にテストで実験的な取り組みをする際に「フィジビリでやってみたら?」という言い方をするそうです。

    ヨミ表

    ヨミ表とは、営業活動で受注確率と案件内容をチームで確認する営業進捗管理表のことを言います。


    そして、ヨミ表を見ながら営業進捗を確認するチームミーティングを「ヨミ会」といい、営業成績を伸ばすために重要な役割を果たす会となっているそうです。


  • ビジネス用語/社内用語10選【アサイン】

    教育

    ビジネス用語/社内用語10選を特集中!


    本カードでは「アサイン」をご紹介します。

    アサインの意味は?

    アサイン(assign)とは、英語で、あてがう、割り当てる、任命する、指定する、付与するなどの意味があります。


    「次のプロジェクトには彼をアサインする」のように、人に対して仕事を割り当てる場合に使うことが多いです。


    例えば、「明日から、担当者としてあなたをアサインします。」と言えば、来月からあなたを担当にとして任命しますという意味です。


    これは、ビジネスの場では頻繁に使われる用語ですので、社会人になる前に使い方をしっかりと押さえておきましょう。

  • ビジネス用語/社内用語10選【フィックス】

    教育

    ビジネス用語/社内用語10選を特集中!


    本カードでは「フィックス」をご紹介します。

    フィックスの意味は?

    「フィックス」とは、英語の動詞「fix」を語源とする外来語です。


    「fix」の本来の意味「固定する」「取り付ける」「明確にする」「決める」「調整する」「修理する」など。


    日本で使われる場合の「フィックス」は、このうち「固定する」「決定する」の意味で使われることがほとんどです。

    どのような時に使う?

    一般的なビジネスシーンで使われる際には、多くの場合「確定」「決定」の意で用いられます。


    ビジネスでは何度も変更されるものが少なくありませんが、それらが最終決定した際に「フィックスした」などと言われます。


    「この内容でフィックスしていいですか?」という言葉なら、「この内容で最終決定としていいですか?」という意味になります。

Smartthonに登録して就活に役立つ情報をGET!
スワイプで企業・業界研究をしよう!

ビジネス用語/社内用語10選の残りの7枚のカードは
4/23に配信します。
配信日までに登録してチェックしよう!
次回は就活の軸10選をお届けします!

※登録には審査があります。