採用ご担当者の方 ログイン
採用ご担当者の方
ログイン
新規登録
就活で圧倒的に役立つ長期インターンのススメ 【コラム記事】

就活で圧倒的に役立つ長期インターンのススメ 【コラム記事】

facebook ロゴ twitter ロゴ line ロゴ
スマートソン コラム記事 長期インターンのススメ
これから就職活動(就活)を控えている大学生の皆さん。
就活で、楽をしたいですか??そんな人は、是非「長期インターン」に参加してください!

短期インターンと長期インターンの違い

インターンと聞くと、「就活生が就活のためにやるもの」という印象をもっている人が多いと思います。
実際、就活の時期には多くのインターンが実施されます。選考を兼ねているものも、少なくありません。
これらは「短期インターン」と呼ばれ、参加者のスキルを伸ばすことよりも参加者を選抜することに主眼が置かれています。また、ほとんどの場合は報酬が支払われません。
※最近は、メガベンチャー企業を中心として、短期インターンでも高額の報酬を支払う会社が増えてきました
短期インターンに対して、数か月から数年間にわたって勤務し、アルバイトのようにお金をもらいながら行うインターンを「長期インターン」と呼びます。これは、ITベンチャー企業において頻繁に求人されています。
長期インターンが短期インターンと大きく異なるのは、「インターン参加者が戦力として期待されている」という点です。そのため、必要に応じて参加者は手厚く教育を受けます。
たしかに、短期インターンに参加することは就活において大切です。
しかし、今回は、「長期インターンこそ、就職活動に役立つよ!」ということを皆様にお伝えしたいと思います。

なぜ長期インターンは就活に役立つのか?

スマートソン コラム記事 長期インターンのススメ
なぜ、長期インターンが就活で役立つのでしょうか?その理由は4つあります。
1.就活で役立つスキルが身につく
2.自己分析や業界研究になる
3.エントリーシートや面接のネタになる
4.インターン先にそのまま採用してもらえる場合がある
以下で、これら1つ1つについて詳しく解説します。

1. 就活で役立つスキルが身につく

長期インターンでは、就活で役立つスキルが身に付きます。例えば、ビジネスマナーやプレゼンテーション、ディスカッションの技術などです。これは、就活の面接やグループディスカッション、短期インターンにおいて、大いに役立つスキルです。
基本的に、大学でこれらのスキルを学ぶ機会はほとんどありません。あったとしても、あくまで「学生のレベル」です。
長期インターンに参加すると、正社員と共に企業で勤務する中でこのようなスキルを学ぶことができます。報酬が支払われる以上、要求レベルは高くなりますから、大学で学べるレベルよりもはるかに高いレベルのスキルが身につくことになります。これだけで、周りの学生と圧倒的な差をつけることができます。

2. 自己分析や業界研究になる

長期インターンでは、社員さんとほとんど同じ環境で勤務する経験ができます。この経験は、「自分はどんな働きかたをしたいか」「どんな業界に行きたいか」といった問いの答えを探すときに、大いに役立つはずです。
例えば、インターン先の上司がバリバリ働くタイプであった場合、「自分もこんな風に働きたい!」と思う人もいるでしょうし、「自分はもう少しのんびり働いて、プライベートを充実させたいな」と思う人もいるでしょう。
これは、実際の勤務を間近で見ることができるからこそ、可能な判断です。想像や口コミのみで判断するのと、実際の勤務を見て判断するのでは、判断の精度が大きく変わります。ほとんどの学生は、就活が始まるタイミングで「どんな働きかたをしたいか」を考えますが、早くからインターンをしておけば、就活の時期には自ずとその答えは出ていることでしょう。
また、「エンジニアってなんかかっこよさそう!」「やっぱ今どきはITベンチャーでしょ!」などと考えていざ就職してみると、「なんか思ってたのと違う...」となることも多々あります。正社員として働く前に、インターンでいろいろな業務を体験することは、自分にあった業界や職種を見つけるうえでも非常に役立ちます。

3. エントリーシートや面接のネタになる

就活のエントリーシートや面接では、「学生時代に頑張ったことは何ですか?」「リーダーシップを発揮した経験はありますか?」といった質問が良く行われます。長期インターンの経験は、これらの質問に対する答えの1つとなるでしょう。
また、「あなたの長所と短所を教えてください」「あなたの強みはなんですか?」という質問も頻出です。長期インターンで勤務経験を重ねれば、自分の長所や短所を自覚したり、他人から指摘される機会が多くありますから、こちらの質問にも長期インターンは役立ちます。

4. インターン先にそのまま採用してもらえる場合がある

長期インターンによっては、インターン先にそのまま正社員として就職する機会が与えられるものもあります。最初から「正社員として採用してもらうこと」を目標に、長期インターンに参加するのも良いかもしれません。
これに関連して、私のとある友人の話をさせてください。彼は第一志望の大学に入学したものの、入学後に大学に行くモチベーションを失って留年してしまいました。「このままではフリーターになってしまう!」と焦った彼は、正社員として採用してもらうことを目標にITベンチャー企業の長期インターンに参加し、見事正社員へのステップアップを果たしました。その後、彼は大学を中退し、今ではITベンチャー企業でイキイキと働いています。

長期インターンならSmartthon!

このように、長期インターンは就活において非常に役立ちます。是非、1年生、2年生のうちから長期インターンに参加してください。もちろん、3年生以上の方にもおすすめです。
しかし、自分に合った長期インターンを探すのは簡単ではありません。アルバイトのような求人サイトも整備されていません。
そこでおすすめしたいのが、「Smartthon(スマートソン)」です!Smartthonは、あなた自身が「伸ばしたいスキル」や「持っているスキル」を企業に提示して、企業側からコンタクトが行われるサービスです。自分がやりたいことをアピールできますから、ミスマッチが起こりづらく、非常に満足度の高いサービスになっています。是非、ユーザー登録をお願いいたします。
この記事をシェア
facebook ロゴ twitter ロゴ line ロゴ